新入生へのメッセージ

男子主将 安東秀人

 新入生の皆さん、入学おめでとうございます。漕艇部主将の安東秀人です。

大学生活の4年間を大きく左右する分岐点であるこの時期に、毎年多くの新入生がどのサークルや部活に入ろうかと悩んでいる姿を目にします。是非、4年後の自分が後悔しない選択をしてほしいと思います。

僕は漕艇部に入って本当に充実した大学生活を送ることができています。

選手・マネージャー、コーチ・OBOGの方々、全員が本気になって目標である全日本大学選手権最終日を目指せる大阪市立大学漕艇部に入ることに決めた一回生の頃の僕は最高の選択をしたと思います。

漕艇部での4年間は「最高」で「特別」な4年間になることは間違いありません。

少しでも興味がある人は是非試乗会に来てください。

最高の仲間とともに皆さんを歓迎します。 

女子主将 廣内映美

新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。長い長い受験生活も終わり、部活動・サークル・アルバイト…新生活への期待でいっぱいかと思います。

そんな大学生活は四年間です。そう聞くと長いと感じるかもしれません。ですが、学校以外の過ごし方はすべてが自分の自由に任されています。そんな自由が約束された時間を、毎日漠然と過ごし終わってしまうのは少しもったいないと思いませんか?

全国・関西にて少しずつ成果を上げてきているボート部にはいろんな人たちがいます。自分を変えてみたい人、今までになにかが不完全燃焼でもやもやしている人、没頭できるものを探している人、ボートとボート部のみんなが大好きな人…。少しの勇気と共に一歩踏み出してみると世界が広がるはず。退屈はさせません。まずは友達づくりにでも試乗会にきてみてください。誇れる仲間達と桜ノ宮でお待ちしています。

主務 八瀬奨之

新入生の皆さん、大阪市立大学へのご入学おめでとうございます。突然ですが、大学生活において一番大切なことはなんでしょうか?バイトでしょうか。専門知識でしょうか。はたまた単位でしょうか()。違います。卒業後に語ることのできる友、そして思い出です。それがなければ大学生活は薄っぺらく、振り返ることのできない4年間になってしまうでしょう。これではあまりに儚く悲しい。人生の夏休みと言われている大学生活、どうせなら思い出に残ることに捧げましょうよ!漕艇部では一生の友を、そして思い出を必ず残すことが出来ます。熱い思いを抱く友、ひょうきんな友、そしてクセの強い友。漕艇部には色々な友が揃っています。彼らとの思い出は自分自身を成長させ、将来にもきっと役に立つはずです。ボートを知っている人もそうじゃない人も1度新歓に来てみてください!そして僕らと最高の思い出を残しましょう!!