新入生へのメッセージ

男子主将 梅田光太郎

umeda

新入生の皆さん、こんにちは。あなたは今、来たる4年間の大学生活に大きな希望を抱いて思いを 馳せていることでしょう。この4年間で何をするかがきっと今後の人生において大きな影響を与え ると思います。勉学に励む、留学をする、そしてバイトをする。たくさんの選択肢があると思いま す。しかしその中でも、私は漕艇部を強くお薦めします。昨年、インカレ7位入賞を果たし、全日 本選手権でも2年連続メダルを獲得した市大漕艇部には、全国で戦うための環境があり、熱い部員 が集まって日々活躍しています。新しいことを始めるのに不安はつきものですが、私を含め部員の みんなは大学からボートを始めた素人ばかりです。スタートラインは同じ。一握りの勇気を振り絞 れば、眼の前には全国への道が開けます。さあ新入生の皆さん、私たちとともに、この魅力溢れる ボートという世界に足を踏み入れましょう。

女子主将 福本恵理

fukumoto

今年度の女子の目標はインカレ最終日に進出することです。私たちにはボート経験者はほんどいません。初めてボートに乗って楽しい!と思ったことや、部の雰囲気に惹かれた!などが多くの入部のきっかけになってます。漕艇部は、漕手、COX、マネージャーで構成されており、そのなかでも1人1人役割があって、部員全員が周囲から必要とされる存在です。ボートと聞くと女子はあまりイメージしないかもしれませんが、市大漕艇部の女子の漕手とマネージャーの総数は、男子よりも多いんですよ!体育会系の部活ではあります が、高校時代に運動していなかった人も漕艇部では活躍しています。漕艇部では、きっと自分の知らなかった一面を発見できます!まずは、漕艇部の雰囲気を感じに試乗会に来てください!

主務 蔵本薫子

kuramoto

マネージャーと聞くとどんなイメージがありますか?飲み物を運んだり記録したり…どんな部活でもマネージャーというのは選手をサポートするポジションだと思いますが、市大漕艇部のマネージャーは少し特徴的で他にはない魅力がたくさんあります!普段は並走といって漕手の安全を守り、練習の質を高めるためのビデオ撮影やタイム測定をすること、そしてエッセンといって漕手の身体つくりのために栄養を考えたご飯作りの2つの役割をこなしています。それに加えて、チームに分かれて1人1人役職をもって活動しています。マネージャーは自分が試合に出て勝つという経験はできないけれど、漕手の勝利を目指して様々な面から全力でサポートしています。試合で勝つ姿を見たとき、自己ベストタイムを更新したとき、漕手が喜んでいる姿を見たらマネージャーも心から嬉しいんです!あなたもここで100人の仲間たちと一緒に青春してみませんか?